音を外に漏らさないためには防音工事が最適!

作業員

防音とはそもそもなにか

「防音」とは具体的な方法を指す言葉ではなく、外の音を家に入れたり家の音を外に漏らさないことを意味しています。また、防音の対策と言われているのは主に2つあり、「遮音」と「吸音」と呼ばれています。防音工事をすれば、周りの人たちを不快にさせることもないので、暮らしやすい環境作りへとつながるでしょう。

遮音と吸音の違い

防音対策で言われる「遮音」と「吸音」。同じ音の対策ですが、その方法は大きく異なります。遮音は空気に伝わる音を遮断し、防音することを言うのです。かわって、吸音は音そのものを吸収することで、防音をします。遮断したい音の高さや場所の広さなどでこの2つを上手く使い合わせた防音工事が行われます。

業者を選ぶ際に知っておきたい5つの基礎知識

防音したい場所の防音工事の種類

業者に防音室を依頼する前に、防音工事の種類を知っておきましょう。そうすることで、間違った防音工事をしてしまうなどの失敗を防ぐことにも繋がります。また、防音対策を覚えることにもなります。

遮音性能の違いをきちんと把握

音の大きさは「dB」(デシベル)と呼ばれる単位で分けられます。きちんとこの大きさを理解しないと大変なことになるでしょう。例えば、音楽の演奏専用の部屋を作る場合、ピアノとドラムでは音の大きさも違いますので、同じ防音工事では防音になりません。

防音室に利用される費用を計算しよう

防音工事は利用する用途によって内容が変わってしまうため、費用も大きく変わります。きちんと相場を理解してそれに見合った予算を作りましょう。予算が少ないから防音工事のランクを下げたりするとトラブルのもとになります。

信頼できる工事業者を見極めよう

防音工事の業者は多くが実績や経験が豊富です。しかし、稀に悪徳業者と呼ばれる業者もいます。極端に値引きを行う防音工事業者は特に注意しましょう。価格が安くなることはすべてが良いことに繋がることではありません。

マンションなどの一室を工事する場合の許可

一戸建てではなくマンションなどの一室を工事する場合は注意が必要です。特に賃貸マンション等は防音工事の許可を取ることが難しいです。きちんとその点も踏まえて、また部屋の間取りや配置にも注意していきましょう。

こんなことに防音工事はおすすめ

女の人

防音工事がどうして行われるのかを知っておこう

小さな子供がいる家やペットがいる家は、元気に走り回る音が聞こえてきます。最初は微笑ましく思いますが、毎日だとトラブルの原因になってしまいます。そんな時に防音質などの対策を取っていると安心です。

READ MORE
楽器

防音工事で自分だけのドラム室を手に入れよう

音楽が趣味の人にとって、練習する場所は限られてしまいます。しかし、そんな時自宅に防音室を設置するとそんな心配ともお別れできるでしょう。

READ MORE
防音室

防音室を作ることで広がる自分の趣味や家族の習い事

音と言うのは、生活していくうえでどうしても発生するものです。しかし、あまりに音がひびくと周りに迷惑になってしまうもの。そこで、防音工事を検討してみましょう。趣味から習い事の練習まで、思う存分周りを気にすることなくできますよ。

READ MORE

防音することでマナーを守って楽しみましょう

最近は騒音のトラブルで起こる事件が多くなりました。そのため、ご近所とのトラブル解消のためにも、きちんと防音工事を行うことで自衛していきましょう。そうすることで気持ちのよい生活を過ごせます。

[PR]防音室工事は専門業者に頼もう
施工事例を事前にcheck☆

[PR]ドラムを演奏したいなら防音工事をしよう
優良業者を厳選公開♪

[PR]防音室工事お役立ち情報♪
まずはスタッフに相談!

[PR]防音効果ばっちり◎
騒音対策を始めよう!

[PR]防音工事をプロに依頼!
資料請求が簡単にできる☆

広告募集中