防音工事で自分だけのドラム室を手に入れよう

防音工事で自分だけのドラム室を手に入れよう

楽器

ドラマーの悩み

自宅で楽器が弾けないのはバンドを組んでいる人に多い悩みです。ギターやベースなどは、最近ではカラオケ等で演奏が出来るようになりましたが、ドラムなどの大きいものはそうもいきません。また、練習の度にスタジオを借りるのも費用に悩まされます。

自宅でドラムの練習をするためには

自宅でドラムの練習をするため必要不可欠と言っていいのは防音室です。しかし、いざ防音工事をお願いする際にはその部屋で出る音の大きさをきちんと理解しなくてはいけません。ピアノ室と同じ対策でドラム室を作ってしまっては、防音効果は半減してしまいます。

きちんとした防音対策で素敵なバンドライフを

プロのミュージシャンなどがドラムを叩くと120dB以上の音が出るとされています。これは飛行機のエンジン音と同じとされますので、きちんとした防音工事を行わないと大変なことになります。しかし、これらをクリアして防音室を作ることで、誰にも迷惑にならないバンドライフを過ごすことが出来ます。

広告募集中