防音室を作ることで広がる自分の趣味や家族の習い事

防音室を作ることで広がる自分の趣味や家族の習い事

防音室

防音対策を考えてみよう

「子供に音楽を習わせたい」、「趣味の映画鑑賞を大音量で」、そう考えると真っ先にぶつかるのは防音室の対策です。最近では自分でDIYすることで防音室を作る人も増えています。しかし、個人で出来るのはあくまで家の中の生活音を軽減させる程度です。本格的な防音室を作るために、一度業者に問い合わせてみましょう。

防音室のメリット

防音室を自宅に作ることで、「子供が走り回る音がうるさい」、「テレビや音楽の音が迷惑」などの苦情やご近所トラブルから開放されます。また、楽器などの習い事をしている場合、コンサート前などに時間を気にせずに練習など行えるのも利点です。

防音対策で起こること

いちから防音室を作るのではなく、即席の部屋に防音対策をする場合に知っておきたいことがあります。それは、防音設備を入れることにより、部屋が狭くなってしまうということです。また、防音室は部屋を閉め切る必要があるために、空調設備を取り入れなくてはなりません。

防音室を設置する流れ

業者への相談

自分がどの部屋に防音室を作りたいかを予め決め、業者に問い合わせましょう。その際に実際に遮音性能を体験させるため、店頭に伺ってほしいという業者もあります。店舗で実際に体験することでどれほど周りの音を防音できるのか体験してみるのもいいでしょう。

工事が出来るか部屋を確認させる

防音工事を行う際には部屋の広さや天井の高さを見る必要があるため、業者が自宅に訪ねてきます。その時に構造上の理由で工事が出来ない可能性もあります。また、工事によって部屋が狭くなったりしますので、その点などもきちんと確認しましょう。

プランを決めて契約

部屋の確認をしてもらって大丈夫と判断されたら業者とプランについて話し合いましょう。使う用途によって防音の対策が異なるため、きちんと理解した上で契約を進めましょう。

施工からお引き渡しまで

プランが決定したら部屋の施工に入ってもらいます。必要な部材が届くまでは業者によって異なりますので、施工にかかる時間もきちんと確認しておきましょう。施工工事が完了したらお引き渡しとなります。

防音室を使用する用途

  • 子供が楽器を利用する
  • 大音量で映画鑑賞する
  • 音楽などのレコーディングをする
広告募集中